こんな求人見つけたら即決です♪検診センターの採血をするバイト!

 

採血のバイトにも様々な種類があるのですが、特にお勧めが検診センターでの採血バイトです。なぜ検診センターでのバイトが採血のバイトの中でもお勧めなのかをいくつかの観点から挙げてみるとしましょう。

 

・採血以外に気を使う必要がない

検診センターでの採決バイトの場合、文字通り採血以外行う必要がありません。もちろん他の採血バイトでも同様ではあるのですが、例えば会社や学校の健康診断の場合、もしもですが何か異変を感じた人間がいたら一応は看護師である以上、それ相応の応対をしなければならないでしょう。
まさか「私は採血のバイト出来ているだけなので知りません」とはいかないのです。その点検診センターでの採血バイトの場合、他にもスタッフがいます。何かあった際には当然それらのスタッフが応対してくれますので、わざわざバイトで来ている看護師の手を患わせるような事はしません。もちろんこの話もそこまで可能性が高い話ではありませんが、医療というのはいつどこで何が起きるか分かりません。
検診センターであれば他にもスタッフが充実している以上、採血のバイトで来ている以上は採血だけに気を使えば良いのです。

 

・施設が充実している

検診センターであれば施設が充実しています。出張での健康診断の場合、診療器具等を持って行かなければなりません。移動の手間等もありますので、どうしても必要最小限の物しか持って行かないという人も多いのではないでしょうか。
ですが検診センターでの採血であれば環境が整備されていますので、「あれがない」「これを忘れてしまった」「無いから出来ない」といった事はありません。これらの点もまた、大きなメリットなのではないでしょうか。もしもですが、何か忘れものがあった場合、自分自身には一切責任がないとしても、採血そのものが出来なくなってしまいますので、延期とまでは言いませんが、本来であれば楽にできる事なのに苦労を強いられるような事もあるでしょう。
ですが検診センターであればそのような事は起こりません。
採血バイト4

・責任の所在がはっきりしている

検診センターが充実しているのは施設だけではありません。組織という点に於いても充実していますので、もしもですが採血で何かトラブルが起きてしまったとしても責任の所在ははっきりしています。小さい所での採血バイトでもしも何かあった際、ともすると自分自身の責任になりかねません。
もちろんそのリスクは限りなく低いのですが、医療の現場は何が起きるか分からないものです。その点検診センターであればそのような事はまず起こらないですし、仮に起きたとしても組織体系から、責任の所在が明確です。間違っても採血のバイトでやってきた看護師がやり玉に挙げられるような事はありません。

 

このように、検診センターでの採血バイトは様々な物が充実していますので、余計な気を使う必要なく採血だけを行っていれば良いのです。【バイト紹介】看護師の方、献血バスの採血バイトしてみませんか?